ドライアイス洗浄

ドライアイス洗浄は粒状(ペレット)またはパウダー状のドライアイスを圧縮空気と一緒に洗浄対象物に吹きつけ、汚れを落とす洗浄方法です。
溶剤や水などを使用しませんので従来では洗浄が難しかった通電設備やデリケートな機械設備・金型などの洗浄も可能です。
また、洗浄後の拭き取り処理などもなく環境にも優しい洗浄方法です。

剥離の原理

ドライアイスの2つの特性を利用することにより、付着物を剥離することができます。
1.超低温
付着物に超低温(-79度)のドライアイスを吹きかけると付着物が一気に冷やされるため、熱収縮によりクラック(隙間)が発生します。

2.固体から気体へ昇華
付着物のクラックに送り込まれたドライアイスは母体に当たった瞬間に気体へと昇華。
750倍の体積膨張により付着物を剥離します。

ドライアイス洗浄剥離の原理

ドライアイスの洗浄メリット

1.ドライアイスは気化しますので洗浄後の二次処理は必要ありません。
2.パウダー状のドライアイスを使用するので母体へのキズがつきにくい。
3.高圧水・サンドブラスト・超音波・ブラッシングなどに比べ洗浄能力が高い。
4.洗浄処理スピードが速。
5.高圧水洗浄や溶剤洗浄などに比べ環境への影響が低い。

ドライアイスの形状と用途
ペレット状のドライアイス パウダー状のドライアイス
ペレット状のドライアイス パウダー状のドライアイス

付着物に厚みがある場合に適しています。

  • 頑固に付着している全ての付着物
  • ダイカスト金型の付着物
  • 堆積しているインクや塗料
  • さび、グリスなど粘度の高いオイル
  • 鋳造、鍛造設備の付着物
  • 機械設備の外装
  • 食品製造オーブンラインの焦げつき

付着物が薄く、母体の形状が複雑な場合に適しています。

  • 樹脂、ゴム金型の付着物
  • 制御盤などの通電設備に付着したホコリや紛体塗料の除去
  • タンク内に付着した粉体の除去
  • 半導体ウエハーの洗浄
  • 上錆、粘度の低いオイルの除去
  • 機械設備内部の洗浄
  • 母体にキズをつけてはいけないもの

洗浄事例

電力関係

配電盤稼動中でも作業ができます。
また、水を使用しないので「ショート」も起こしません。

配電盤洗浄前 配電盤洗浄後

合板工場

機械に付着したヤニ・樹液の飛散付着を洗浄・除去

合板工場の樹液除去(洗浄前) 合板工場の樹液除去(洗浄後)

熱交換器

複雑な形状でもパウダー状のドライアイスが細部まで浸透・洗浄します。

熱交換器洗浄前 熱交換器洗浄後