営繕業務に関するご提案

営繕業務に関するご提案

1.設備管理業務

延べ面積3,000平方メートル以上のビル等は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称ビル管理法)の適用を受け、特定建築物の指定を受けると共に、建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管理技術者)を選任し所轄の保険所に届け出る必要があります。

2.巡回点検管理について

1.ビル管理法に基づく飲料水残留塩素測定(1回/週:自社測定可能)
2.空気環境測定(6回/年)
3.飲料水水質検査(2回/年)
貯水槽及び端末管の水銀、鉄分、水素イオン濃度、一般細菌ほかの15項目及び総トリハロメタンの水質検査測定
4.ネズミ・昆虫などの駆除(2回/年)
建築物内の衛生害虫(ゴキブリなど)、ネズミの防除のための薬剤(乳剤・燻煙剤・殺鼠剤)の散布

3.小規模営繕について

1.消耗品質管理(適時)蛍光灯、白熱灯、水道用パッキン
2.営繕点検
点検→報告書提出→内容により施工または専門業者へ依頼
1.屋上点検
2.客室建具
3.客室内装(床・幅木・クロス・カーテン)
4.客室UV(ユニットバス)
5.客室家具(ドア・デスク・チェアー・洗面台)
6.客室設備(スイッチ・TV・電話・冷蔵庫・空気清浄機・照明器具・換気扇・金庫・インターネットLAN)
7.客室備品類(ポット・ガイドブック・ヘアドライヤー・ハンガー・靴へら)
8.ロビー・宴会場・共用部・レストラン・喫茶店
9.客室トイレ(洗浄機・換気扇)
10.エアコンフィルター
11.換気扇グリル
12.扉・窓サッシ(扉・建具・窓サッシ・カーテン)
13.屋外・外周・植込み・植栽
14.屋外階段廻り

以上の項目をオーナー様に代わって設備・備品の管理をさせていただきます。